料金表
ホーム > 分析なんでも便利帳
分析なんでも便利帳

B
D
G
H
J K L M N O P Q
R S T U V W X Y Z

ま行



■摩擦係数
摩擦力を垂直荷重で割った値です。

▲ページトップへ


■摩擦調整剤
潤滑剤の摩擦特性を望ましいように調整します。
添加剤の総称です。

▲ページトップへ


■摩擦面温度
通常は機械的仕事が摩擦によって摩擦仕事という回収不能な摩擦熱に変わり、接触する両物体に熱伝導して温度を上げています。
見かけ接触面の平均温度を指す場合と、瞬間的局所高温=閃(せん)光温度を指す場合がありますが、後者がはるかに高温となるのが普通です。

▲ページトップへ


■摩耗 Wear
摩擦による固体表面部分の逐次減量現象。普通は2面から摩耗粉として小片が脱落して減量が行われるが、相手摩擦面に表面部分が移着しあるいは相手から移着された場合や、まれには広く解釈して減量がなくても固体表面の摩擦による変形損傷をも総括して摩耗とよぶことがある。相手面は確定された固体表面であるとは限らず、例えばエロージョンのように浮遊粒子による摩耗も存在する。

▲ページトップへ


■摩耗防止剤
摩擦面に吸着膜あるいは反応膜などを生成して摩耗を抑制する添加剤です。硫黄化合物、リン化合物、ジチオリン酸亜鉛などが代表的です。固体潤滑剤も含まれます。

▲ページトップへ


■密閉歯車潤滑
歯車列が空気抜き穴のほかは運転中に開放部のない歯車箱内に配置された歯車装置の潤滑法です。すなわち、低速機では歯車箱を油槽とした比較的安価なはねかけ式油浴給油法、高速または高負荷機では歯車のかみあい点にポンプで温度管理された潤滑油を供給する循環給油法、さらに高速機では圧縮空気で噴霧油を供給するかくはん損失の小さい噴霧給油法があります。

▲ページトップへ


■メカニカルシール
密閉端面の動的変位や摩耗などに追従して軸方向に動くことができる循動環と動かない静止環からなり、ばねなどの予圧機構をもち、軸にほぼ垂直な相対的に回転する密封端面において流体を密封する装置です。

▲ページトップへ


■ものの大きさの概念

▲ページトップへ


■マルチグレードエンジン油 Multigrade Engine Oil
SAE粘度番号の冬季用(5W、10W、15W、20W)と一般用(20、30、40、50)の両方の規格に合格するエンジン油。5W-30、10W-30、10W-40、20W-50などがある。

▲ページトップへ


■ミセル Micelle
界面活性剤の分子またはイオンが水溶液中で特定の濃度以上になった場合に作る集合体。非極性の潤滑油中では、水溶液中とは逆向きに配合したミセルを形状するため逆ミセルともいう。

▲ページトップへ


■無機バインダ Inorganic Binder
固体潤滑剤被膜用の結合剤で、主としてケイ酸ソーダが用いられ、硬化促進剤と抑制剤を調整して用いられます。


▲ページトップへ