分析解説
動粘度
酸価
水分・カールフィッシャー法
密度比重計
ガスクロマトグラフ
油分
重量汚染度
汚染粒度分布
不溶解分測定
FT-IR(赤外分光分析)
粒度分布測定
蛍光X線分析
SOAP RDE
色相
ホーム分析解説 > FT-IR(赤外分光分析)
FT-IR(赤外分光分析) (料金表:22:資料番号:010)

フーリエ変換赤外分光光度計
概要
FT-IR(赤外分光分析)は、分子結合に特有の赤外吸収帯を利用する事で物質を特定する
分析です。主に異物の混入や品質管理に利用されています。
主な分析内容
酸化劣化物の特定
異種物の混入



特徴
この方式では、全波長を同時に測定し、しかもスリットが不要なため光を有効に利用でき、明るさ、感度、走査速度などの点で非常にすぐれています。
FT-IR(赤外分光分析)は、分子結合に特有の赤外吸収帯を利用する事で物質を特定する分析です。
主に異物の混入や品質管理に利用されています。

用途
(1)高分子物質
ゴム、紙、プラスチック、繊維、布、接着剤などの分析、添加剤の検出
(2)酸化劣化物の存在有無
通常は、酸価で判定できますが、AW等のオイルは添加剤の影響で判定が困難です。
酸化劣化物であるカルボン酸C=Oの吸収帯を分析する事で正確に判定できます。
(3)異種油の混入
使用油と異種油及び新油があれば、異種油の混入有無を確認できます。
(4)異物の混入
油中及びフィルター上に、液状サンプル・固体サンプルが有れば正確に確認できます。

▲ページトップへ